P1000972.jpg

チネリ エストラーダ'09(愛称 : チーちゃん)に、抜群の制動力で有名なスイスストップ(カーボンリム用)イエローをインストール。
アサルトに付属のシューでも良かったのですが、ブレーキ鳴きはお仲間さんの力によって解決しましたが、カーボンホイールとシューがこすれる時にジョーーーーーという音と、いまいち制動に不満があったのです。

それにこのイエローはカタログ的にはアルミリムとの兼用OKなんですね。
アルミのローハイトなホイールを履きたくなった時、めんどくさくなくて便利かなと。

さて、その実力や如何に?

posted by がのお at 19:09 | 千葉 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | cinelli ESTRADA '08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでは先日納品されたcinelli ESTRADA '08の詳細を記録しておくとします。

■フレーム
・cinelli ESTRADA 2008(チームレプリカカラー)/ M
・フレームチューブ : コロンバス カーボン エクセラレーター
・Fフォーク : コロンバス ストレート タスク モノコック

P1000583.jpg

P1000659.jpg


モノカラーにレッドのアクセント。なによりインパクトあるcinelliロゴに、一目見た時から電流が走りました。他の方のインプレを見るとジジャ馬とか書いてあり、路面に対して神経質な自転車なのだろうと思ってましたが、乗ってみてビックリ! 実にマイルドな乗り心地。ふにゃふにゃとまで行かないモノの、レースをやる人はきっと手を出さないだろうなと思うようなやわらかい乗り味だと感じました。

実際1日180km走っても強烈な疲れは感じられなかったので、ロングライドよりなのかなぁと思います。
ただこれは後述するディープリムホイールの恩恵もあるかも知れません。
今の自分の走り方にピッタリのフレームにビンゴって感じで、大満足です。


■ハンドル : cinelli RAM BAR
・サイズ : 40
・クランプ径 : 31.8mm
・素材 : 多層T700-HMカーボン

P1000564.jpg

P1000618.jpg

P1000661.jpg

しかしこのハンドルはヤバイです。
最初はごつくてイヤだなぁと思ってましたが、実際走ってみるととんでもはっぷんでした。ブラケット近くの手のひらをまるっと乗せられるネストゾーンは神です。
肩下がりなので、疲れた時に上半身をドスっとあずけられる心地よさ。
そしてハンドル自体が平べったい構造なので、登りでの引きが大変しやすいです。


■ステム : cinelli NEO CK STEM 
・サイズ : 90mm
・ハンドルクランプ径 : 31.8mm
・フォーククランプ径 : 28.6mm
・アングル : 82/98
・素材 : アルミ7075T6+3Kカーボンケプラー
・フロントキャップ素材 : モノコックカーボン

P1000555.jpg

P1000554.jpg

特筆すべき事はありません。
トップの赤いめん玉が暗くなると光ると格好いいのになぁ・・・


■シートポスト : cinelli RAM SEAT POST BIANCA
・ピラー径 31.6mm
・オフセット : 22mm
・素材 : モノコックT700/HMカーボン

P1000632.jpg

P1000639.jpg

なんともゴツイシートポストです。
重い僕の体をガッツリ支えてくれてます。すごい安心感です。
この自転車のマイルドな乗り心地は、このシートポストのお陰かもしれません。
サドルバックを着けたくなくなるセクシーなバックビューが素敵ですね〜

■コンポ : SIMANO ULTEGRA SL + ST6700
・ブレーキキャリパー : BR-6600-G
・カセット : CS-6600 / 12-25
・チェーン : CN-6600
・クランクセット : FC-6650-G / 50x34T
・F/D : FD-6603-GB
・R/D : RD-6600G-SS

P1000621.jpg

P1000630.jpg

P1000628.jpg

P1000627.jpg

・デュアルコントロールレバー : ST-6700

P1000622.jpg

アルテグラSLに現行アルテグラ6700のSTIをインストールしました。
シマノ的にはいわゆる本来の性能は得られませんというB互換です。

何故か。何故現行アルテやデュラで組まなかったのか?

それはチェーンリングのデザインに理由がありました。
現行アルテのチェーンリングのデザインはデュラに似たちとサイバーチックなデザイン。
これが僕的にチネリのイメージにどうしても合わなかったのです。

チネリといえばカンパニョーロが定説なのだそうですが、そこまでの予算はナシ。
それにガリレオとの互換性を考えるとどうしてもシマノなんですよね。

ただ、欲張りな根性なので、現行シマノのコンポと同じように、どうしてもハンドル回りのワイヤーは隠したかったのですね。

ということで、現行アルテとアルテSLの合体とあいなったわけであります。

実際どうなの?

ええ。なんも問題ありません。
いや、実際は少々問題はあるのかも知れませんが、僕には解りません。
シフトチェンジは非常にスムーズ。
ガリレオの105と比べてもかなりいい感じで変速してくれてます。
ちとブレーキが利かないのはカーボンホイールのせいなのかと思ったりしてます。
ま、いまのところ大きな不具合はないのでこのままGOでしょうね。


■ホイール : Reynolds Assault
・Rim Depth: 46mm
・Spoke Patterns: 20/24
・Hubs: Reynolds-Specific Design
・Front Spokes: (Radial) DT Revolution
・Rear Spokes : DT Competition and DT Revolution
・Brake Pads : Reynolds Carbon-Specific Design

P1000624.jpg

P1000629.jpg


見た目だけでチョイスしてしまったディープリムホイールです。
性能は二の次。
こういう馬鹿なオヤジもいるんです(笑)

ポイントはディープリムでクリンチャー、しかもアルミリムは重そうに見えるんでNG。
価格は手ごろ。
んなもんあるわけないか。と探していたところビンゴだったわけです。

さて、先日コイツを履いて200キロ弱走ってきました。
よく前に進むホイールだなと。
気がつくと30・35km/hと快調に転がっていきます。
あんまり力んでないのに不思議です。
40km/h以上の平地走行は体力的にそうそう体験できないのですが、もうちょっと頑張ってこげば、普通のホイールよりは楽に出せそうな気にさせてくれますね。

さて、いいところばかりではございませぬ。

やはりブレーキの効きは今ひとつでした。
しかも結構シューーーーーっという音がうるさい。(シューだけに)(汗)
シューーーーッだけならいいのですが、下りでの深めのブレーキにはキィーーーーーッというなんともママチャリのような鳴き声をあげてくれます。

その日はみんなにチーちゃんの鳴きが入っているといじめられました(笑)

しかしこの鳴きの件は、我らが監督兼メカニックのバナさんによるトゥーイン調整で見事に解決!!
P1000692.jpg

もう、チーちゃんは鳴きまシェン!!
バナさんありがとぅ〜(チュッ)(笑)

ブレーキの効きの悪さはSWISSSTOPのイエローをかましてみようかと思ってます。

あと、このホイールの特筆すべき点はマイルドな乗り心地。
マジですごいと思いました。不快感ゼロです。
カーボンホイール恐るべしです。


主要パーツ編はこんなところでしょうか。
お飾り系はまた後日記録します。



posted by がのお at 00:40 | 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | cinelli ESTRADA '08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

cinelli ESTRADA(愛称:チーちゃん)のシェイクダウンの舞台は、先輩愛機と同じこの場所。
ホーム手賀沼です。

P1000667.jpg

何度も何度も走り抜いたサイクリングロードです。
ここの路面状況は抜群なので、まずはフラットな路面でどんだけ転がるのか試すのにはもってこいの場所なんですね。

右足にビンディングをセットしていざシェイクダウン!!

なぬっ! か、軽い!

右足の一踏ん張りで、すすーーーーーっと滑るような感じで走り出しました。
これがフルカーボンなのか!?

多少向かい風にもかかわらずどんどん加速。しかもなめらかに。
乗り味は実にマイルド。堅さを感じることは全くありません。

チーちゃんのモノコックカーボンのせいなのか、レイノルズのカーボンホイールのせいなのか、カーボンシートポストのせいなのか・・・
果たして、その全てがうまい具合に融合されてなのか、僕に微塵の不快感も与えません。

なんですか、この時速40km/h超えてからもまだ行けるわよ的なご様子。
いやー参りました。

ポジショニングもショップの店長さんと相談しながら詰めていったので、今日の段階ではまずいじるところはありません。
実に快適に走行することができました。



そしてこの日は、会社の同僚もロードバイクを購入し、そのシェイクダウンの日だったので江戸川で合流。

P1000602.jpg

同僚はクラシカルロード指向。
イタリアンカラーのクロモリGIOSがめっちゃ渋くて、この手のバイクも欲しくなっちゃいましたよ〜。
彼とは夏休みに寝袋持ってバイク旅行を計画中です。


さて、cinelli ESTRADAですが、手賀沼から江戸川に向かう一般道路においても、フラット路面のサイクリングロードと比較しても、その走行性能に大きな変化はありませんでした。

荒れた路面であってもイヤなコツコツ感はありません。
そのボディがパーツ達ががうまくいなしてくれている感じです。

ロードバイクをはじめて2年半。
最高に乗りやすい自転車に巡り会えた感じがします。

大切にするからね、チーちゃん!(^^)







posted by がのお at 02:37 | 千葉 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | cinelli ESTRADA '08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。