ちょっと前の出来事になりますが、PINARELLO GALILEO(愛称:ガリガリ君兄貴号・略称:ガリ兄)をくくりつけているワイヤーロックの鍵を無くしてしまいました。

そりゃ、まじ顔で家中探しまくりましたよ。
家の物置小屋の中にガリ兄くんをロックしたあとなんで、必ず家のどこかにあるはずだと思って。

マジであちこち1週間探しました・・・
でも結局出てこなかったのです。
鍵を探すことに疲れきって、もう探すのやーめたと。

しかし、さて、どうしたものか。

ワイヤーロックなんか切っちゃえばいいのにと思われた方にご覧入れましょう。ガリ兄くんの拉致現場を。

CIMG1886.jpg

極太です。

ホームセンターなどでバイク用チェーンロックコーナーにあるヤツで、直径2cm程のワイヤーの束があなたの愛車をガッチリ守ります的なロックなんです。

ネットでカギのトラブルに対応してくれる所に電話してみました。
3箇所ほど当たってみましたが、どこも8000円以上するんですね!(><)

もうこうなったらワイヤーを切るか、破壊するしか手はありませんのです。

もしかしてワイヤーカッターでちまちま時間をかければ切れるかもと思い、ワイヤーを覆ってある布をめくってみました。

CIMG1888.jpg

!!!

なんですかこの金具は・・・
ワイヤーの束なんて見えやしないじゃん・・・

手持ちの工具は、ワイヤーカッター(それもブレーキワイヤー等を切断するやつ)とドライバーとペンチぐらいです。

速攻あきらめです。

次に思いついたのはキーシリンダーの破壊。

しかしコイツのシリンダー部分はご覧のように樹脂で覆われていて、どこから手をつけていいか解らない。
せめてマイナスドライバーを突っ込める溝でもあればいいのに・・・

CIMG1889.jpg

もうどうにでもなれ状態で、樹脂の部分をハンマーでガンガンぶったたいていると、突然カパッと頭の部分がはずれたんです!

CIMG1890.jpg

え? 意外と簡単?
キーシリンダー丸見え状態。
しかしここからどうしていいのか解りません。

とりあえずキーを差し込むところにドライバーをぶち込んで、ガチャガチャやってみるも、ウンともスンとも言いません。
でもこれで開いちゃったら、簡単に盗まれちゃいますね。

CIMG1891.jpg

この鉄のかたまりをどけんかせんといかんのです!(^^)

ふとそのシリンダーのあるところに目が行きました。
その部分をドライバーでホジホジホジホジ・・・・・・
グイグイグイグイ・・・・・
ギコギコギコギコ・・・・・

CIMG1892.jpg
(防犯対策上、そのある部分にはモザイクをかけさせてもらいました)

バシャーーーーーーン!!

突然目の前にシリンダーの部品が火花のように飛び散ります。

うおぉぉぉぉぉっ! は、はずれたっ!

CIMG1894.jpg

飛び散った部品を集めてみました。

一応ここまでは破壊できたけど、実はここからが大変だったりするんだよなぁ 

何て思いながら、シリンダー奥に見える鍵穴にまたもやマイナスドライバーを差し込むやいなや!!

「カチャッ」(笑)

ガリガリ君兄貴号、解放の瞬間です。

CIMG1897.jpg

いやいや、ほっと一息でした。
8000円得した(^^)

て、いうか家で良かった。
こんな作業を駅前や店の前なんかでやってたら必ず通報されます。
デカイ音も立ててるし・・・

このエントリーが僕のように極太ワイヤーロックの鍵を無くし、途方に暮れている諸兄の参考になり、決して犯罪に使われることのないことを願うばかりです。









posted by がのお at 21:03 | 千葉 | Comment(8) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mavic Ksyrium SSC SL Le Tour de France

Cimg0478

どうしても銀色のホイールが履きたくて、探していたら見つけたのがコレ。
どことなくクラシカルな雰囲気がたまらんです。
もちろん中古品です。

http://www.cyclingweb.jp/goodsreview/parts/200306/030191_0621.html

2003年モデルの中古なんてボロボロだろうと思ってましたが、なんとなんと意外や綺麗ピカピカ!
ショップでベアリングの交換と若干のフレとりを施してもらい装着しました。

僕のガリレオ、ベースカラーはブラック。シルバーとレッドがアクセントカラーという構成。
なので、1本だけ黄色いスポークがあまり好きになれず、ショップに普通の銀色スポークに交換を依頼しましたが、全スタッフから猛反対をくらいまして・・・(^^;

しかし今は目が慣れてきたのか、逆に来年はアクセントカラーを赤から黄にチェンジしようとさえ思うようになりました。

走りの方ですが、2003年物とはいえ当時の最高級グレードですから、純正Mostホイールとは比べものにならないくらいよく転がります。
ロード初心者でもこの違いは明らかにわかります。
すべるように走ってくれる感覚。 スピードの持続性。ペダリングへの順応性。
すべてが生まれ変わったような感じですね。
ホイール1つでこうまでニュアンスが違うなんて、やっぱ自転車って面白いっすね。

タイヤは定番「Continental Grand Prix 4000S」を履かせてます。

Cimg0475

■Mavic Ksyrium SSC SL Le Tour de France
フロント重量/660 g
リヤ重量/ 830 g
販売開始/2003年7月 
販売個数/国内限定200セット
当時価格(税別)/¥55,000(フロント)、¥65,000(リヤ)

■Continental Grand Prix 4000S
サイズ /700×23C
カラー(トレッド/サイド) /ブラック/ブラック 
重量/205g
推奨空気圧(PSI)/110
最大空気圧(PSI)/120   
耐パンク素材/ベクトラン ブレーカー
TPI数値/330
                      

タグ:キシリウム
posted by がのお at 11:54 | 千葉 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shimano 105 FC-5650-L

Cimg0462

純正Mostは決して悪ではありません。
が、しかしやはり心情的には105のコンポには105のクランクが最適だと思うのです。
105の設計に基づいたクランクを装着するべきではないのかと。

なんて、理屈っぽい御託を並べてますが、正味な話見た目です見た目。はい。
Mostのクランクは初心者の僕の脚には充分すぎるぐらいだったんですが、やっぱりコンポは統一したいってことです。
しかしリア・フロントのディレイラーがシルバーの仕様ですが、あえてブラックバージョンを選ぶ僕。
これで統一されてんのか?

また、ノーマルクランクも考えましたが、ショップの店長さん曰く「今の(MostコンパクトD)構成で坂がきついと感じるなら無理せずコンパクトでいいのでは?」というごもっともなアドバイスと、今後重ねていく歳と衰えていく脚力を考えた末、やっぱりコンパクトでいいかという結論達しました。

これと同時にBBも105仕様のSM-FC5600に交換。
また1年間酷使したチェーンはULTEGRA CN-6600に交換。
コンポまわりスッキリという感じです。

早速試走してみました。

正直、なんだかよく判りません(笑)
古い物を新しい物に交換すれば当たり前なんですが、前よりスムーズに回るようになったかなということと、アウター/ローの変速がビシバシ決まることぐらいでしょうか。さすがに同一グレードのクランクは基本設計に忠実だったってことでしょう。

今日はぐりぐり回して30km程の試走でした。
次第にベアリングが馴染んでくると交換してよかったと思えたらいいですね。

【Shimano 105 FC-5650-L ギアクランク】
■特長
 ●105グループのコンパクトドライブクランクセット.
 ●BBユニット別売
■仕様
 ●ハイパードライブ:Yes
 ●デュアルSIS対応:Yes
 ●チェーン対応:10スピードスーパーナローHG
 ●中空クランク:HOLLOWTECH II
 ●歯数構成:50-34T
 ●ギア固定ピッチ径(mm):110
 ●クランク材質/仕上:鍛造アルミ合金/アルマイト仕上
 ●チェーンリング材質/仕上:アルミ合金/アルマイト仕上
 ●チェーンガード(オプション):No
 ●B.B.軸材質:クロモリ綱
■クランク長:165/170/172.5/175mm
■平均重量(クランク長(mm)/ 歯数):836g(170/52-39T)

【Shimano 105 SM-FC5600】
●オクタリンク・パイプ軸   
●HOLLOWTECH II、BB圧入
●チェーンライン(mm)   
●43.5(ダブル)/45(トリプル)
●B.B.シェル幅(mm)    68/70

【Shimano ULTEGRA CN-6600 10S用 チェーン】
●チェーンタイプ    HGスーパーナロータイプ(10スピード)
●ピンリンク/ローラーリンク仕上    ジンクアロイ/グレイ
●クロマイジング・リンクピン    Yes
●平均重量(リンク数)    280g(116)


GALILEO REBORN計画はまだまだ続きます。

posted by がのお at 11:24 | 千葉 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

一周年


Imgp0007

ロードデビューして今日で丸一年が経過しました。

http://ganoh.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/pinarello_galil_3c23.html

愛車ガリレオで走った総走行距離は4,386.4km(サイコン調べ)。
なんだか思ったより少ない感じですね。
まだまだコイツと一緒に沢山走りたいな。

で、一周年を記念して企んでいることがあります。

それは、ホイールとクランクの交換。一周年のご褒美です。
これでやっとガリレオからMostパーツが消え去ります。(^^)v

ホイールはやっぱりキシリウムかな?
黒はありふれているので、銀色。
できれば現行SLではなく、SSCの中古あたりがいいかなと。
クランクは105のノーマルにしてみようかと考えてます。

来年はちょいグレードアップしたガリレオで、また色んな体験してみたいですね。


posted by がのお at 02:45 | 千葉 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

バーテープ装着


Imgp0269

PINARELLOのバーテープを入手した。
デフォルトのバーテープはコルクの粒がポチポチ浮いているようだったが、このバーテープはどちらかといえばスエード地に近い感じ。触った感触が実に手に馴染む。
ピナレロのロゴ入りといい、バーエンドキャップといい、統一感を好むオレにはピッタリのバーテープだ。

早速巻いてみる。
Imgp0296
裸状態のスーパーナチュラル31。ちと恥ずかしい。

Imgp0298
まずは、STIのカバーをめくりあげて、金属部を付属の短いバーテープで隠す。

Imgp0299
あとは下の方からぐるぐる巻いて行くだけ。
バーエンドの巻き始めは、ハンドルの穴にキャップとともに押し込むため、バーテープの幅2/3位を遊びで余らせてから巻き始める。
巻いている時は、気持ち引っ張りながら巻くとキレイに巻けるみたいだ。
STIの部分に若干の不安があったが、下記サイトを参考にしながらやったら、意外に問題なく巻けた。

Imgp0300
巻き終わりは写真のようにバーテープを斜めにカットするのだが、やってる最中にどっち方向に斜めカットするのか解らなくなり、適当にカットしてしまった。

Imgp0301
最後に付属のテープでバーテープをしっかりとめて完成。

Imgp0302
全く初めてでもこの位出来ちゃいます。
プロの方がやれば、もっとキレイに仕上げるんでしょうが、自分的にはこれで充分です。
ちなみに作業時間は片方10分程度でしょうか。
意外にスンナリ行きましたね。

バーテープ装着の参考にさせていただいたサイト
http://www.rakuten.ne.jp/gold/o-trick/care/07btp.htm

posted by がのお at 23:52 | 千葉 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回のパーツ交換シリーズ最後はハンドル。
ステムがデダならハンドルもデダでしょ。
ここでも"デダ"登場である。

デダ「スーパーナチュラル 31」外-外42

シマノSTIレバーにベストマッチする形状を持つハンドルというふれ込み。
シマノSTIレバーを装着した際に、とても自然な握り心地を実現するとのこと。
重量はMostが265g、デダが250g。
わずか15gの軽量化。

早速、純正Mostハンドルと比較する。

Imgp0286

下がデダ"スーパーナチュラル 31"。
さすがにそのデカさに悪評がある純正Mostハンドル。
リーチが長い。長すぎる。

次に横面
Imgp0291
一目瞭然。Mostはデカい。
このデカさに慣れてしまった私・・・
下ハン握るときも、うんとこしょと気合いをいれなければならなかった。

実装比較 横(下がデダ)
Imgp0263
Imgp0304
リーチの差がこの精悍なカッコ良さを生む。
STIとのマッチングに関しては、デダの方が自然と言えば自然かもしれない。

実装比較 上(下がデダ)
Imgp0257
Imgp0307

実装比較 全体バランス(下がデダ)
Imgp0266
Imgp0305

やばすぎるぐらいカッコよくなってしまった! (^^)v

実際に乗ってみた。

当たり前だがポジションが全然楽になった。
今までは骨盤を立てることに意識を集中しなければ、いつのまにか骨盤が伸びてしまっていたが、このハンドルのポジションは、自然に骨盤が立ってくれる。
全く別の自転車にのっているようだ。

自然で疲れないポジショニング。
このハンドル交換によって実現できるかもしれない。




posted by がのお at 22:38 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分は身につけるブランドを統一させるのを好むタイプだ。
交換ステムのブランドは"デダ"。
シートポストと同一ブランドである。

デダ「クアトロ31」100mm/82°

エントリーモデルだが、なかなかりルックス。
デダの安いモデル「ロゴ」には、デタのロゴが入っていないため、ブランドの統一感重視の私としてはデダロゴの入った一番安いモデルということで、このクアトロ31をチョイス。

Imgp0165

ポジショニングを見直すいい機会でもあるので、ハンドルまでの距離に違和感を感じていた私は、90mmという選択もあったが、後述するハンドルの事を考え、現状の100mmを選択。結果的にはうまくはまった。

重量はMostが160g、デダが170.5gと10.5gの増量。
普通パーツ交換は軽量化という意味合いも含めて行うのが普通だが、このステムに関しては純正Mostの方が軽量であった。

まぁ、安いということと、ハンドルとの相性ということで、これは仕方なしだ。

実装比較 横(下がデダ)
Imgp0161
Imgp0168
若干ではあるがデダの方が地面に対して水平になる。

実装比較 上(下がデダ)
Imgp0160
Imgp0169
RAMパーツの装着によってボロボロになって純正Mostステムのロゴペイントに対して、デダはシンプルすっきり! これは安っぽさが消えいい感じ。

実装比較 正面(下がデダ)
Imgp0162
Imgp0171

正面のロゴマークがなんともカッコイイ!!

posted by がのお at 22:37 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純正Mostのサドルにはコレといって不満はない。
納車当初こそその薄さに慣れなかったが、最近では尻痛がほとんど感じられなくなっていた。正直言うとこれも見た目の為の交換。せっかくシートポスト変えるんだったら、ついでにサドルもってな具合である。あーもったいない(^^;

で、交換したサドルはコレ。
「Fizi:k Arione フィジーク アリオネ 07モデル」(写真上)
Imgp0141

アリオネは非常に評判がよいサドルだそうだ。
全長が30cm以上あり、ポジションの幅が広がり疲れ知らずだという。
中古品だが状態の割には低価格だった為即決。

純正Mostに比べ、サドル幅は狭いが全長は長い。
比較的座面を後ろ置く自分にはなんだかよさげなフォルム。
重量はアリオネが250g、Mostが340g。 90gの軽量化。

裏面比較(右がアリオネ)
Imgp0144

シートポストのヤグラ調整レールはチタン製。
写真ではアリオネのレールが長いように見えるが、実際は同じだった。
ただ、レールの終わりがアリオネの方が前寄り。
現在のセッティングは少しハンドルとの距離が遠いと感じていた私には、この仕様はありがたい。少しでも座面がハンドルよりになることは、乗車フォームが楽になるからだ。

実装比較  横 (下がアリオネ)
Imgp01512
Imgp0157

薄くて堅そうだが、実際はMostよりしなやか。
アリオネのWingFlex機構によるものだろうか?

実装比較 上 (下がアリオネ)
Imgp0154
Imgp0159

Mostの刺繍の華やかさはなくなったが、
すっきりビシッとしまって、レーシーな感じがGood!

実際に乗ってみた。

「堅い」
特に股間あたりが・・・

少しケツを後方にずらす。
「おっ、いいかも」

このサドル、座骨でドッシリ座るというより、
股間の骨を置いてあげる感じで座るとかなりしっくりくる。
ただ、そうするために自分の場合はサドルレールの後ろ端ギリギリで固定しなければならない。
そうすると若干ではあるがナニの部分が気になる。
だがこれは多少サドルを前下がりにセッティングすることで解決してしまった。

実際昨日の「TOKYOセンチュリーライド」で80km走ったが、尻痛はゼロ。
内腿の動きも純正に比べかなり楽だった。

見た目の為のサドル交換が、実は利をもたらしていた。

posted by がのお at 22:37 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついにこの日がやってきた。
納車からわずか半年。愛車ガリレオ号の純正Mostパーツを交換する時が!
Mostのパーツは良くないと言われているが、自分にはどう良くないのかさっぱり解らない。なのでパーツの善し悪し云々よりもむしろ、ビジュアル重視の為の交換と言った方がいいのかも。

さて、その第1弾はシートポスト。
デダチャイ社の「ウルトラアルカーボン」φ31.6mm

アルミの上にカーボンを巻いたBIGなロゴが印象的なシートポスト。
純正パーツと比較すると、デダの方が3cm程ロング。
重量はデダが320g、Mostが350g。わずか30gの軽量化。

Imgp0003

デダとMostの装着比較(上がMost 下がデダ)
Imgp0151

Imgp0156

やぐらまわりはほぼ互角。若干デダの方が洗練されている感はある。
どちらもビッグロゴで見栄えはいいが、デダはブランドネームバリューが高いイメージがあり、満足度は高い。
ただ、シートポストのカラーリングがMostの場合純正ということもあり、ガリレオのブラックにピッタリ。デタはカーボン巻きということもあり、高級感がある感じ。

あくまでも主観だが、乗った感じは路面からの突き上げがデリケートだったMostに比べ、ちょっとした悪路での衝撃を軽くいなしてくれるような感じだった。

posted by がのお at 22:36 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

あ゛ーーーーーっ


実質冬期休暇最終日の今日、明日からの出勤準備の為にFairfaxのメンテ。
パンク1つせず俄然絶好調の愛車を洗車、注油した。
明日からまた頑張ってくれよー。

続いてガリレオのメンテも。
フレームをウエスでから拭きしてるとき、なんとトップチューブに凹みを発見!!
Imgp0026
写真ではかなりわかりずらいが、PINAの「I」の上あたりがボコっと凹んでる。
たぶんりんりんロードポタの時、クリート解除が遅れ道路の縁石に立ちゴケしてしまった時の傷だろう。
あの時は後ろからカプールのクロスバイクが来てたんで、とても恥ずかしくて恥ずかしくて、フレームを点検する余裕なんてなかったし。
ま、フレームは自分の身体で保護したから大丈夫だろうと思いこんでいたんだ。
そ、それがこんなかわいちょうな事になっていようとは・・・
嗚呼・・・ 気持ちかなり凹んでます・・・。
posted by がのお at 23:14 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリレオとはじめて行く印旛沼です。
印旛沼の際を真っ直ぐにのびるサイクリングロードをシャーっと走ってきました。
空気がものすごく冷たくて澄んでいて気持ちがスカッとします。

Imgp0016_2

こんな日は真冬のサイクリングも悪くないよなと思ってしまうのです。

Imgp0023

posted by がのお at 17:42 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気いいのにもったいない。
けど腰痛には勝てず、今日はひたすらポジション出しに打ち込む。
セッティングしては町内をぐるぐる・・・
10km程走った感じでは、サドル周りやクリートのセッティングは多分OKだと思う。
しかしやはりどうもステムが長いように感じる。骨盤を立てて上体をリラックスしブラケットをブラケットを握ろうとすると、どうしても腰が寝てしまう感じがする。ブラケットの手前2〜3cmあたりが丁度身体がフィットする感じ。

やっぱステムを交換したいな。
ネットで安いステムを見つけたので、早速発注してみよう。

posted by がのお at 18:45 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

ステム交換


オークションで激安落札のステムを交換すべく、ちと早起き。

D1000253
ガリレオ純正のM.O.stのステムは120mmでどうもしっくりこないため、100mmに交換するのだ。純正ステムのボルトを1つ1つ丁寧に外し、いよいよ激安ステムをコラムに差し込もうとしたその時・・・

「げっ、サイズが合わねぇ・・・・・・・(汗)」

ガリレオのコラム径は28.6mmだったのです。
ハンドルクランプ径31.8mmにばかり気をとられ、コラム径を確認せずに落札してしまった哀れなオレ・・・
これがウン千円するもんだったら泣くに泣けないね。

あーあ・・・

でも、こういう些細な失敗を繰り返し、立派なロード乗りに成長するんだよな
・・・って自分を慰めつつ、淋しげに工具を片づける休日の朝でした。

posted by がのお at 11:46 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぁーんて浮かれてんのは、どこのどいつだぁ〜

あたしだよっ! (笑)

と言うことで本日は納車されたばかりの我が3代目の愛車、「ピナレロ ガリレオ」君の初走行に行って参りました。
場所はお決まりの手賀沼CR。天気も最高、気温もこの時期にしちゃ暖かい。絶好のシェイクダウン日和でした。

Imgp0007

さて、肝心のガリレオの乗り味は・・・
素晴らしいです! 意外にもマイルドな乗り心地。大蛇のような前後のオンダくん達が、アルミのコツコツ感を見事に中和してくれてます。(なんてどこかの雑誌に書いてあったインプレッションのよう・・・)
そして踏めば予想以上の反応が返ってくる鋭敏さ。当たり前ですが、2代目Marin Fairfaxとはとても比べられません。いゃ〜参りました。ロードってこんななんですねぇ〜〜
これでポジション出ししっかりやって、ビンディングはめたらどんだけなんでしょう。
こりゃ伊達に高いだけじゃねぇや。

気になる点は、やっぱりステムが若干長いのか、しっくりくるポジションがとれなかった点と、フロントのシフト。特にインからアウトのシフトが恐ろしくトロイというか鈍いというか、やっぱり悪評どおりなんですかねぇ。

今日はCRを3往復、約55km程度のほんの馴らしライドでしたが実に楽しめました。
オークションで落札したビンディングシューズが来たので、明日はこいつの練習です。
また100mmのステムも激安で落札したんで、これも楽しみです。

あとやっぱりロード乗るんだったらウェアだよなぁ・・・
なんかせっかくオレにとっちゃいいバイク買ったんで、俺自身の格好も気にしないとな。Gパンにスエットなんてオレぐらいじゃん・・・。

写真何枚か撮ったんで、記念にアップしとこ。

Imgp0005 Imgp0010

Imgp0018 Imgp0016

Imgp0021 Imgp0020

Imgp0033 Imgp0037

posted by がのお at 20:55 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感激です!!
自転車始めてまだ1年も経ってないヘタレおやじが、こんな高価な自転車買っちゃうなんて!
ちょっとだけ家庭に対しての後ろめたさはあるものの、やっぱ実物を前にするとニヤケちゃうんです。そう、嬉しいもんは嬉しいのです。
D1000231 D1000237

箱から出して、前もって買っておいたSPD-SLペダル「PD-5610」を装着。
簡単にポジション出しをして、いざ試走!
おおっ!
サイクルモードで試走させてもらったガリレオの進化版と言われる「FP2」に比べ、なんともしなやかではないですか! ちよっと気になったあの「コツンコツン」感はガリレオには感じられません。(もしかしてあの時の感触を忘れてるだけかも・・・)
全然違和感ないじゃん! 
ただちょっとというか、だいぶブラケットが遠い・・・ 乗ってて怖いぐらいです。
骨盤をたてて乗ろうとすると腕がピーンと伸びきってしまって、快適ではありません。
ステムのサイズを測ってみると120mm。もう2cm〜3cm短い方がいいかな?

それにしても思ってた通りの格好良さ!
評判の悪いM.O.stパーツも今のオレに取っちゃもったいないぐらいです。
とくにサドルのロゴ刺繍なんか良くできてるじゃないですか〜。
でもこれから1つ1つ改造していく楽しみやいろんな所に一緒に行く楽しみなど、考えただけでもワクワクしてきます。

残念なのはこの寒さ。
でもゆっくりゆっくりロード乗りに慣れていこうと思います。

posted by がのお at 23:34 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PINARELLO GALILEO '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。