101106.jpg

新しい自転車も買っちゃったし、パーツもそれなりに揃えちゃったんで、今更見るべきものは無かったけれど、今の自転車界の雰囲気を感じたくてサイクルモードに行ってきました。

あ、一番の目的は自転車仲間との夜の宴会でしたけどね(^^)

案の定、ざっと見て回ってぐっと来るモノは無かったっす。
そして自転車界の雰囲気はスポーツ指向からファッション的指向を含むエコモードな雰囲気になったなぁと。

3年前、自分が自転車を始めた頃はこんなにオシャレなカラーリングのフレームなんてなかったですし、女性やカップルも俄然増えた感じがしますね。



そんな中、僕がこのサイクルモードで一番ググっときたディスプレイがこれ。
posted by がのお at 23:25 | 千葉 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生初自転車レース「ツインリンクもてぎで100kmサイクルマラソン2009」に参加してきました。

CIMG0651.jpg

感想
「だめだめじゃん」(笑)

摂氏0° もてぎの朝は極寒でした。
とにかく身体を動かしてしないと凍ってしまいそう。
でも気分だけは初レースだけあって高揚するばかり。
正直自分の気持ちのなかでは"100km楽しもう<どれだけタイムを出せるか"
だったのかも知れません。

自転車セッティング→受付→試走→ウォーミングアップ→選手集合と時間はベルトコンベア式に流れていきます。
そしていよいよ1000名の参加者が一斉にスタートします!

最初の1周は招待選手が牽くウォーミングアップ的な走行。でも結構早い。
スタートの位置取りが結構後ろ目だったため、コーナーの度に詰まる詰まる。
でもふいな路線変更は落車の原因になるため安全運転で1週目を終えます。

スタート直後は平坦、いくつかのコーナーを抜けるまでスピードに乗れます。
そして次第にコースは上り基調になっていくわけですが、それほどきつくない。
アウターで余裕です。
しかしこれが後ほどボディブローのように効いてきます。

坂を登り切るといよいよお待ちかね50km/h出せる下り。そしてノーブレーキでそのままハングオン気味に突っ込んでいくコーナー。
その勢いでのS字調の登りコーナーを抜けるとメインスタンド前のストレート、そしてゴール板てなコースレイアウトでした。

さて、僕の状態といえば・・・

●序盤(0〜40km)
気持ちが高揚しているせいか、全然落ち着き無い走り。
早いトレインについて行けず、脱落。そしてまたくるトレインに乗って見るも長続きしません。結局気づくと一人で走行しています。
リズムが全然つかめず結構飛ばし過ぎました。
平均時速は35km/hを超えています。

●中盤(40〜70km)
序盤の無理が次第に身体に響き始めます。
咳き込んでしまったり、腹が痛くなってきたり・・・
ピットに入って休もうという気持ちが大きくなりはじめます。
そして相変わらずペースがつかめません。気づけばひとり走行。
そして、どうせこんなんじゃいいタイムが出せるはずがない、あとは残り時間ゆっくり楽しめばいいじゃんという気持ちが芽生え始めたのもこの頃です。
ただ、中盤に入っても平均速度は30km/hを維持していたのです。
このまま頑張れば3時間半を切れるかもしれないと思いつつ終盤戦に突入です。

●終盤(70〜100km)
コース途中にあるそんなにきつくない登りもヘロヘロになってきます。
なんだか足も攣りそうに。
コース脇の芝の上で寝っ転がって休んでる選手もいます。
「あー自転車降りてやすみてぇー」とかなりの疲労感。
そんなとき、今日の相方fratresさんが僕をパスして行きました。
それを見ていったんはついて行こうとしましたが、彼に追いつける足はもう残っていませんでした。
ラスト3周・・・
ラスト2周・・・
あと1周・・・ 最後の力を振り絞りペダルを回します。
もう身体のどこを使ってペダルを回しているのか判らなくなるぐらい疲れ切ってました。

そしてゴール!

手元のサイコンでは3時間28分。
平均速度は結局29km/hまで落ちてしまいました。
3時間半切りは達成できたものの、トップとの差はなんと1時間!!

レースが終わって速報リザルトを見ると、
3時間24分でゴールとなってました。
男子Dクラス(40〜49歳)の参加者269名中170位ぐらいだったと思います。
なんだかなぁ〜って感じです。

終始周りの雰囲気に翻弄され、最後までペースがつかめなかった自分の駄目さ加減が浮き彫りになってしまいました。
あるいはちゃんとした目標を持って望むべきだったのかも知れませんね。
「100km楽しもう<どれだけタイムを出せるか」
という曖昧な気持ちでは、納得のいくレースなんてできっこありませんものね。

よし! 来年は・・・・(^^)

--------------------------------------
今日のラップタイム
--------------------------------------
周回  タイム  平均時速(km/h)
01  9'26'0  29.8
02  7'55'8  36.0
03  8'31'2  33.5
04  8'39'4  33.0
05  8'56'4  32.0
06  9'26'9  30.0
07  9'37'8  29.7
08  9'36'8  29.8
09  9'17'6  30.6
10  9'49'2  29.2
11  10'02'5  28.4
12  9'41'5  29.5
13  9'24'8  30.3
14  9'51'3  29.0
15  10'10'3  28.2
16  10'41'9  26.8
17  10'25'0  27.5
18  10'27'4  27.4
19  10'49'6  26.4
20  10'34'0  27.1
21  10'32'3  27.0

(サイコン調べ)
posted by がのお at 19:33 | 千葉 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

サイクルモード2008


CYCLE MODE international 2008に行ってきました。

日曜日午前10頃の入り口の様子。
去年こんな混んでたっけ?

Cimg0184

会場内はこんな様子。
そりゃ、モーターショーやゲームショーに比べたら月とスッポンですわ。

Cimg0185

正面にドーンと立ちはだかる「PINARELLO」の巨大ブース。
「おお、ピナレロ乗りで良かったわい」という安心感。

Cimg0188

会場内では仲間が別れ個人行動することに。
まずは噂のコンポ「電動デュラエース」の試走に向かいました。
シマノブースは思ったほどの人だかりではなく、ブース裏手の試走受付にも4、5人程度。
待ち時間も10分前後とラッキーでした。

試走コースに出て早速カチャカチャと操作してみる。
まずは左側のSTIレバー。フロントの感触はどうでしょう。
「キュイーン」というロボット音とともにスムーズに変速。マジ早!
アウター→インナー変速もおとなしい。
イン→アウターもゴリゴリ感は全く感じられず、実にスムーズ。
あのロボット音が気に入り、壊れるんじゃないかと思うくらいフロントの変速を楽しみました。
リアも快適でしたが、フロントほどの衝撃はありませんでした。
これがあったら間違いなく変速ストレスからは解放されるでしょうね。
ただコンポ全体で40万くらいするそうなので、とてもとても無理ですね。

続いて試乗したのが、気になっていたBOMA社のフルカーボンバイク。

Cimg0193_2

ここのフレームは作りが良く、コスパ抜群と聞いていたので期待して試乗しました。
試乗したのは 「CT-21」というモデル。

Cimg0194_2

軽っ!
フレーム重量が1,530gですから当たり前ですが、それにしても軽いです。
カラーリングも好きな感じのグラデを施してあり、見た目のインパクトも充分。
乗り心地は固くもなく柔らかくもない。乗り手に合わせて走ってくれるような感じでした。
これでフレーム価格15万ナンボですから安いですよね〜
将来新車購入なんて時がきたら選択肢の1つになるかも知れません。

さて、昼前ぐらいになると次第に会場内も混み合ってきました。
試乗車も長蛇の列ばかりとなったので、仲間と集合して昼食へ。

昼食後、まず噂のKOGAのバイクの試乗予約をとってから、待ち時間を利用して乗らせてもらったのがマウンテンバイク!

Cimg0216

初体験っす(^^)
めちゃ面白かった!

マウンテンバイクのマの字もわからない僕が、
乗らせてもらったのがキャノンデールのライズ3という、
フロントフォークが左にしかないモデル。(何でだろ?)

ロードと比べるとフニャフニャしてて気持ち良い。
試乗コースの木でつくられたデコボココースで散々遊んじゃいましたね。
あんなコース走ってよく壊れなかったなぁ・・・

あとでプライスみてビックリ!
50万円近くするんですね!!
MTB乗りの方には失礼な話ですが、とても50万近いバイクをあんなデコボコな所、もったいなくて走らせられません(^^;

でもあんなバイクもってたら、林道とか走ってみたいですね〜。身体にキズは絶えないでしょうけど(^^;

そして予約をしておいた限定100台生産のKOGA/MIYATAのスキルシマノチームエディションのロード。

Cimg0219

ムムっ、これは!!
踏み出した感触が素晴らしい!!
このまま踏み込んだらとてつもなく早く走れそうな感触。
狭い試乗コースだったのが残念でなりません。
いや〜参りましたなぁコレは。
お金があったらその場で買って帰りたかった・・・。

さて、試乗も一段落し会場内を歩いていると、あの自転車雑誌等でおなじみの絹代嬢とばったり!
絹代さん、このサイクルモードの期間中、女性を対象とするセミナーを催しておられたようで、会場内を拡声器片手にガイドされてました。
おそらくお仕事も終わり、帰り間際だったのでしょうが、
一緒にいた仲間が大ファンということもあり、声をかけてしまいました。
仲間の「あなたは関係ないでしょ」(笑)という声も聞かなかった振りして、一緒に写真とらせてもらっちゃいました。

Cimg0223

しばらくまたふらふらしていると、今度はあの俳優の鶴見伸吾さんが!

Cimg0222

スマートで格好良かったっす!
チーム「LEGON」のジャージがばっちり似合ってました。

さて、サイクルモード終演1時間前。
やっぱり最後はピナレロで締めておかなきゃということで、ブースに。
試乗コーナーも大分空いてきたのを見計らい、いざプリンスの試乗を!

う〜ん、はっきりいってあまり違いがわかりません。
固いと言われていますが、そんなにコツコツした感じてもなかったような。
ピナレロの高いバイクに乗れて脳だけ満足してしまったのでしょうか?(笑)

最後に2009年モデルをパシャパシャ撮って、会場を後にしました。

価格も手頃なFP3。絶妙なカラーリングです。

Cimg0226

次もしピナレロ買うならこれかな〜 FP6

Cimg0228

新発売のFP7。 なんかカッチョ良いんですけど。
ダウンチューブのFP7ロゴは余計な感じがするなぁ〜

Cimg0225

絶対買えないプリンス

Cimg0227

そして憧れのドグマ。

Cimg0229

ツールを走ったケスデパーニュのチームカラー車のプリンスもありました。
見慣れるとカッチョイイっす。

Cimg0230

帰りは楽しい仲間達との飲み会。
しゃぶしゃぶ食べ放題から2次会へ。

Cimg0238

去年はひとりぼっちのサイクルモード。
ことしはこんなに沢山の仲間達とのサイクルモード。
なんだか一年で世界が変わってしまったようです。(笑)





posted by がのお at 11:30 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

ツール・ド・ちば2008


今年の目標の1つ、念願の「ツール・ド・ちば 2008」STAGE3に参戦してきました。

F1000044_2

1週間前に腰爆弾が爆発して、一時は参加断念なのか?
と思いきや、なんとか痛みがとれ、一週間ぶりに自転車にまたがったところ
腰に痛みは全く感じられないため、自分の中で出走のGOサインを出しました。

STAGE3のスタート地点は、テニスの町 白子町。
朝3時起き4時自宅発、途中千葉のサイ友達と合流し、到着したのが5時半。
なんとも、こういったイベントは朝が早くツライっす。

現地に着くと受付やらトイレやら写真とったりであっという間に集合時間です。

F1000049
▲出走を待つトレックとピナレロ2台

F1000047

今日は元F1レーサーの片山右京さんも一緒に走るということで、皆さんテンションがあがります。

F1000052

ツール・ド・ちば2008は今日だけ参加の方が600名近くいたそうです。
なんせもの凄い人の山でした。

スタートは50人ずつに区切って行われました。
カウントダウンなんかあったり、地元の方のガンバレーコールの中、気分は盛り上がっていきます。

この第三ステージは、白子を起点に北上し、銚子・犬吠埼を折り返し、
海岸沿いを蓮沼海岸に向けて戻ってくる129kmの行程になります。

スタート直後からやはり公道イベントだけに、信号で引っかかること数十回。
ストップ&ゴーの繰り返しにちょっとお疲れ気味な参加者達。
道中町民の方の手を振っての声援がなければ、きっとめげていたかもしれません。
朝早いのに家の前で一生懸命手を振ってくれて、ホントに元気をもらいました。

F1000056

今回のASは全部で5カ所。
スポーツドリンクや水の配給、飴やチョコレートのつかみ取りなど、結構満足度は高かったですね。
いくつかのASでは、地元産の梅干しのサービスなんかもありました。
この梅干しがまた旨いんです!

F1000059

犬吠埼のASではなんと昼食のお弁当まで配られました。
エントリーフィーが8000円ですから、結構お得なイベントですよね〜

F1000069

そしてなんとなんと、ここで思わぬプレゼント!
本日一緒に走っているという片山右京さんのサイン会がはじまりました。
いつの間にかステージ前で始まっていたので、知らない人は知らなかったんじゃないでしょうか?

F1000075

僕らもすぐさま並んでる列に加わり、右京さんのサインをゼッケンにもらい、更に並んで写真まで撮らせてくれたのです!
なんとも心優しき右京さん、太っ腹なお人です。

Imgp0089

さて、この犬吠埼の折り返し地点を過ぎると、さまざまなハプニングが僕らに襲いかかります。

走行中僕のサドルのボルトがゆるみ、ぐらぐらに。
処置が遅かったら、ダンシングした直後にサドルポロリ事件になっていたでしょう。
すぐに列を外れ対処しましたので、事なきを得ました。

更に、飲んだボトルをケージに戻そうとしたところ、手が滑りボトルがポロリ。
後続車に踏みつぶされなかったのが幸いです。
「疲れで手に震えが来てるんじゃないですか?」とサイ友のひろぶぅさん。
確かに・・・(^^;

そしてそんなこと言っちゃったひろぶぅさんにも魔の手が。
90°コーナーでタイヤが砂にとられ、あわやスッテンコロリンの大惨事。
あっ、やっちゃった? と思いきや平気な顔して追っかけてくる。
落車は免れ、どうやら持ち直した模様でした。 一安心です。

そんなこんなで、自分たちのグループからは随分と遅れをとってしまったため、
我らが大将jinさんが鬼のようなスピードで我がグループを追っかけます。
40キロ近く出てたんじゃないでしょうか?
しかも少々向かい風登基調の一般道。 もうそりゃ死にますよぉ(^^;
そんな大将の鬼引きのお陰で、最後のASでなんとか我がグループに追いつくことができました。 

最後のASポイントを過ぎると、なんだかほぼフリー走行状態。
時速35キロ前後で抜きつ抜かれつのバトルモードになってます。いいのかい?
我々も負けじと応戦。
大人げないオヤジ達です。(^^;

そして、ついに感動のゴール!

F1000079
みなさん達成感に充ち満ちた顔をされていました。

ゴール地点では「いわしのつみれ汁」をありがたくいただきました。
F1000080

ゴールポイントを前にパシャリ
F1000081

実に充実した125kmでした。

思えば去年の今頃、丁度ピナレロ  ガリレオを発注した直後に2007年のツール・ド・ちばの存在を知り、来年は絶対参加しようと思っていました。
3日間は金銭的都合と体力的に厳しく断念しましたが、1日だけでも参加できて感無量です。

千葉に住んでいるだけに、このコースはいつでも走ることができますが、やっぱりイベントに参加するっていうワクワク感はなかなか得られないモンですね。
お金を払ってまで参加する意義って、こういう気持ちの問題によるところが大きいんだと感じた一日でした。

最後に、本日の参加賞はこちらでございました。

Imgp0092

posted by がのお at 23:00 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全く持ってこ憎たらしい雨・・・
何も待ちに待ってたこのイベントの日に降らなくてもいいのに。

天気予報であらかた覚悟は決めていたものの、晴れは無理でもせめて雨は落ちてこないで欲しいという願いもむなしく、朝からポツリポツリ。
それでも会場には自転車大好き人間達が意気揚々と集合していました。
Imgp0188

我がガリレオ号もゼッケンナンバーを装着し、スタートを今か今かと待ち受けます。
この日に向けてサドルとシートポストを強化装備しました。←レースじゃないのに・・・(^^;
Imgp0184_2

8:45分、いよいよスタートです。
Imgp0194

スタート後10kmのエイドステーションまでは、スタッフの方がグループ集団を牽いてくれます。時速はお約束の20km/h。
Imgp0195

20km折り返しのエイドステーション。
バナナとドリンクの配給がありました。
今回のイベントのエイドステーションは全部で4カ所。
全て同じバナナとドリンク。
1エイドステーション1バナナ食すると、折り返しも含め7〜8本のバナナを食べることになります。私のチームの中には1ステーション2バナナのメンバーもいたりして・・w
Imgp0199

エイドステーションでは下の写真のような通過認定シールが貰えます。
これは結構励みになりますね。
ポイントとかシールには結構こだわる方なんで(^^
Imgp02022

第1エイドステーションからは、スタッフの方も「あとは赤Tのスタッフを追い越さないように自由に行って下さい」的な感じだったので、そう拘束されることもなくマイペースで巡航できましたよー。
Imgp0209

各エイドステーションはこんな感じです。
Imgp0212

80kmの折り返しの最終エイドステーションに行くためには、こんなダートも越えていかねばなりません。これはロードには辛かった。Imgp0222

そしてスタートから約2時間、80kmの折り返し地点、最後のエイドステーションが見えてきました。もう空は真っ暗。雨も次第に激しさを増していきます。
Imgp0217

40kmエイドステーションの様子。
人も自転車ももうずぶ濡れ、ドロだらけです。
Imgp0219

全ての通過認定シールをゲット。
Imgp0220_2

帰りは雨・風ともに激しく疲れた足にはシビアにこたえます。
また、結構な速度で走られているローディーさんもいて、それに追随するとちょっとした緊張も生まれたり、生まれなかったり・・・
惰性で走って帰るより、どうせなら楽しもうという感覚でした。
Imgp0227

そしてそして遂に帰ってまいりました。ゴールの葛西臨海公園!
Imgp0238

ゴール後のたまり場では完走認定書と参加賞、それになんとアイス(!) が配られたのであります。アイスの冷たさが凍えた身体にここちよかったぁ(^^
Imgp0241

ちなみに認定証と参加賞はこちらでした。

Imgp0254

完走後の愛機ガリレオ号。
もうドロドロです。明日はキレイにメンテしてあげるからね。
Imgp0245

私にとって初イベント参加でしたが、なんといってもみんなで走ることの楽しさを教えてくれました。80kmの道程が一人で走る時の半分位に感じた事、終わったあとの達成感をみんなで分かち合えることなど、とても収穫の多いイベント参加でした。

posted by がのお at 11:03 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参加申込しました!

Screenshot_1
TOKYO CENTURY RIDE 2008

会社の仲間4人でチームで登録! なんと平均年齢37歳っす ^^;
ハーフセンチュリー走れるか、20kmでギブなのか!? 
参加費用5000円!! うっ痛っ ^^:

大会要項にこう書いてありました。
※参加料金はコース距離に関わらず一定料金となります。
※参加料金はコース距離に関わらず一定料金となります。
※参加料金はコース距離に関わらず一定料金となります。
※参加料金はコース距離に関わらず一定料金となります。

どうせ同じ金額なら全エイドステイションでバナナを食いまくりたい!(笑)

ただ1500名以上の申込みがあった場合、抽選なんですね〜。
いや、間違いなく抽選でしょコレは。
オレにとっての初イベント、是非参加してぇーなぁ〜

posted by がのお at 23:39 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

サイクルモード2007


サイクルモード2007 at 幕張メッセに行ってきました。
Imgp0303
自転車を始めてから、初めての大きいイベント参加です。
日曜日ということでもの凄く混んでるんだろうなと思ってたんですが、意外に各ブースゆったり見ることが出来たのには驚き!
モーターショーやゲームショーなんて、もう人・人・人でうんざりするくらいですもん。
やっぱりアレですかね。コンパニオンのおねいさんのせいですかね、あの異常な混みかたは。車見に来てんだか、おねいさんの写真撮りに来てんだかって感じですから。
サイクルモードはコンパニオンらしきおねいさん方はチラホラですもんね。
来年はその辺期待・・・。

今日の目的はやっぱり試走でしょ。
もう「ガリレオ」買っちゃったから2008モデルはあんまり興味が湧きませんでしたので。
と、いってもやっぱり試走は人気でした。各ブース長蛇の列。実際2車種に乗るのが精一杯でした。
ガリレオ納車前だから比較するなんてことは出来ないので、同じクラスの車種に乗ってその乗り味を体感してみようという感じでした。

まず真っ先にピナレロ「FP2」。
試走って結構係の方が「はいはい、はいどうぞ」という感じで素早く行かせようとするんで、思うようなセッティングもしないままコースに入るんですよ。試走中停車してサドル位置直そうとすると「試走中は下車しないように」なんて怒られるし・・・。
ま、それでもしかと確かめてきました。 FP2はなんだかコツコツ堅い乗り心地な感じです。よくいえば俊敏というかシャープというか。実際加速力はガツンとくるものがあったし、「おっ、乗りこなせるようになったら、面白いんじゃん」てな感じですかね。

次に乗ったのがトレックの「MADONE 5.2 PRO 」だったと思うんですが、ガリレオより2クラスも3クラスも上の車種だけに、ちがうんだろうなと思ってましたが、実際超がつくくらい乗りやすいバイクでした。なんてしなやかなんだろう、このフィーリング。乗ってて気持ちいいとはこの事をいうのかもと思えるほどすんばらしい乗り味。やっぱり違うんですかね〜 値段で。
また何年か先の夢が出来たような気がします。

各ブース趣向をこらした展示をしてましたが、なんといってもオレの中でのベストディスプレイ賞はこれですかね。
Imgp0298
世界限定生産60台のコルナゴ×フェラーリ!
フェラーリのシンボル「赤い跳ね馬」を想像させるディスプレイ。
メチャメチャ格好良かったです。

他にもパールイズミのシューズを履き比べたり、ウェアやグローブの質を確かめたり、ネットじゃ出来ないことを堪能した一日でした。

そうそう、来年の「東京センチュリーライド」のチラシ配ってました。出てみたいなぁ。

posted by がのお at 01:17 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。