自転車仲間2人が参加している『佐倉朝日健康マラソン大』の応援に、ご近所の自転車友達のつぶパパさんを無理矢理誘って行ってきました。
今日参加している2人は僕が一生関わることのないであろうフルマラソンの部に出場しているのだ。
そしてなんとサブフォー(4時間切り)という全く持って信じられない目標をブチ立てている。
果たして・・・

応援場所の印旛沼船戸大橋の25k地点給水所までは、久々に折り畳み自転車で行った。
印旛沼CRをゆっくりゆっくり多分時速10km位のスピードで走る。
リハビリでエアロバイクをこいでいるが、本物のサイクリングロードはやっぱりいいなぁ。
とはいえスポーツ走行など出来るハズもなく、徒歩以上マラソン以下のスピードでトロトロ走るのが精一杯だ。
つぶパパさんにはストレスを感じさせてしまって申し訳なかったが、僕的には最高に気持ちえかったっす(^^)

さて、応援場所に着くや否やすぐさまトップランナーが来る!

CIMG1039.jpg

通過時間は1時間25・6分。す、スゴイ速さだ。

その後暫くして続々と後続集団が滑り込んでくる。

CIMG1045.jpg

二人はまだか! 3時間のゼッケンをつけたランナーが沢山の集団を引き連れて通りすぎていく。

CIMG1046.jpg

その後も続々続々と・・
僕らはただひたすら歩道で手を叩きながら「ガンバレー」と声援を送る。

CIMG1047.jpg

待てども暮らせども来ない・・・
ついにはこんな方々まで。

CIMG1048.jpg

CIMG1049.jpg

CIMG1054.jpg

コスプレランナーさん達も頑張ってる。

きっと集団の中に紛れてわからなかったのかもしれない。
そんなことを話しながら1時過ぎ位まで待ったが、仕方なく撤収した。
「彼らはリタイヤするような人間ではない」と信じながら。

声援が届けられなくて残念だったね〜
などと会話しながらのんびり来た道を帰る。
八千代道の駅近くの16号沿いにある「長浜ラーメン」で味噌チャーシューを食べながら、参加者の一人にTELしてみるが出ない。
まだ走っている最中か・・・

すぐさま携帯の呼び出し音が鳴った。
参加者の一人"ひろぶぅさん"からだ!

「4時間切りましたよ!!」

僕らは唖然とした。
はじめてのフルマラソンで4時間切るとは何事か!(^^)
そしてもうひとりの参加者パナアンカーさんも4時間切りを達成したという事!

スゴイ・・ そして素晴らし過ぎる!!

二人が最後のスパートで必死にもがいている頃、僕らはへらへらラーメンなど食ってていいのだろうかと反省してしまった。

いやいや、ホントにお見事です。
そして目標達成した二人に勇気づけられました。
頑張れば出来るんだって。

お二人を見習って、しっかり身体作りしてロードに跨ったときに「やったー」と思えるよう、僕もリハビリさぼらず頑張ろうと誓った一日でした。



posted by がのお at 18:03 | 千葉 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相変わらず膝の調子がイマイチ。
歩行時の苦痛はないものの、階段や立ち上がる時など、まだ痛みは残る。

昨夜の定期検診でドクターに診てもらいました。
やはり椎間板ヘルニアの神経圧迫で弱った足でウォーキングをやったり、階段を上ったりすると膝にくることがあるとの事。
ヒアルロン酸注射という手もあるが、1〜2週間薬で様子を見てダメなら注射しましょとの事。

ヒアルロン酸というのは、平たく言えば膝の滑液の粘りの元らしい。

---ここから引用文----
膝というのは大腿骨と脛骨から成っており、この2つの骨のわずかな隙間に、滑液と呼ばれる粘々とした潤滑油があります。

また、大腿骨と脛骨は、軟骨という弾力のある組織で覆われており、この滑液と軟骨がクッションとなっている為、膝が体重の重みを受けても、骨同士がぶつかって砕けることも無く、自然に滑らかに動くのです。
---ここまで引用文----
引用元 : 膝へのヒアルロン酸注射

しかし、次から次へと難儀な事は重なるものだ。
少しでも早く良くなりたいという気持ちから、なるべく歩くことをリハビリに取り入れたと思えば、膝が壊れていく。
決して焦ってはいないし、無理もしているとは思わない。
でも哀しいかな膝は悲鳴をあげてしまうのです。

自転車で鍛えた僕の足は何処にいっちゃったんだろう・・・

診察の間の待ち時間、横にいる老夫婦の会話が耳に入る。

おばあちゃん「でもなんとか歩けるようになってよかったね〜」

おじいちゃん「寝たきりは地獄だったからな。まあ歩けて、風呂に入れて、飯が食えて、トイレに行って、気持ちよく寝られれば、もう御の字だべ」

そりゃ寝たきりに比べれば全然いいことですよ。
自分もいつかはその言葉の重みがわかるのかもしれないけど・・・
でもなんだか、素直に「良かったですね〜」とは言い難い。

「歩く」「食う」「浸かる」「出す」「寝る」

う・・・
やっぱそれだけじゃ哀しいよ〜



posted by がのお at 01:11 | 千葉 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の仕事は完全デスクワーク。
一日中椅子に座って黙々と仕事をしていると、次第に姿勢が崩れてきます。
椎間板ヘルニアの術後だというのに、知らず知らずのうちにとてつもなく危ない格好をしているときがあります。

これじゃいかん! 再発するぞ!

と、言う事でこんなものを買いました。

■腰らくサポートクッション
CIMG1034.jpg

これはいいっす!
宣伝文句通りです!
適度な硬さのウレタンスポンジが腰にぴったりフィットして、姿勢をピッとただしてくれます。更に腰とイスの隙間が埋まるので腰への負担がかなり減るようです。

ただこれをするとずっと同じ姿勢を保たなければならず、ちょっと疲れるかも知れません。
そんな時は椅子からスッと立ち上がってリフレッシュ。
腰にもストレスにもやさしい、いい買い物をしました。




posted by がのお at 23:26 | 千葉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

術後5週間が経過しました。
リハビリによる足の回復は順調です。

が、しかし先々週あたりからなんだか左膝に痛みがでるようになりました。
歩いているときはそうでもないんですが、椅子から立ち上がろうとする時や階段の上り下りの際、ピキピキ痛みが走ります。

リハビリのしすぎなんてことはないでしょうが、しだいに腫れが酷くなって来ます。
湿布してもバンテリン塗っても一向に回復の兆しがありません。
これは安静が一番だろうと思い、必要以上に歩くのを止めリハビリも膝に負担がかかるプログラムは外していました。

ところが全然良くならないんです。

なんだかなぁ〜
ヘルニアのリハビリ中に膝を痛めてしまうなんて、情けないなぁ〜
と凹みながら週一度のリハビリの時に、担当に事情を話してみました。

担「膝をかばいすぎて動かさないようにしてませんか?」

僕「え? そりゃもう安静が一番だと思ってなるべく動かさないように・・・」

担「ダメです。我慢できるくらいの痛みだったら、なるべく動かして上げてください」

僕「えぇぇっ!? 絶対安静じゃないんですかぁ!?」

担「はい。ある程度動かすことによって膝の細胞を活性化して・・・うんちゃらかんちゃら」

僕「そうなんですかぁ〜」

担「今から2週間、次の体操をしてみて下さい。膝痛は運動療法で良くなる方が多いんです」

と、教えられたのが「膝痛対策ストレッチ」。

その1
仰向けに寝て片側の足を折り曲げて立てる。
もう片方の足を伸ばしたまま、床から10cm位の高さまであげ、5秒間静止させ降ろす。
これを20回繰り返す。

その2
横向きに寝て片方の足を伸ばしたまま、床と垂直方向に10cm位の高さまであげ、5秒間静止させ降ろす。
これを20回繰り返す。

その3
椅子に両手をかけて足踏みを100回繰り返す。

以上の運動を騙されたと思ってやってみなさいと。

で、先週末から始めてみました。
すると、なんだか次第に痛みがひいていくではありませんか!!
今晩で3日目なんですが、まだ若干腫れや痛みは残っているものの、ちょっとの踏ん張りぐらいでは痛みを感じなくなりました。
をを! なんか魔法にかかったみたいだぞー。

そして担当の方が言っていた「うんちゃらかんちゃら」の部分をネットで調べてみると、

---ここから引用文-----
"専門家によると、脚上げ体操をすることで、ひざの周りの血液の循環が良くなるためだと考えられています。

血液の循環がよくなれば、ひざの内部で炎症を起こしていた軟骨の欠片が、血液中に吸収されるようになります。痛みを引き起こす原因物質が取り除かれることで、炎症がひいていき、痛みも徐々に治まっていきます。"
---ここまで引用文-----
(引用元 : ためしてガッテン:過去の放送:ラクラク改善!ひざ痛最新対策)

なるほど! すげぇ〜! とひたすら感心するばかりの僕なのでした。

この体操僕にとっては効果絶大でした。
しばらく足腰のリハビリと共に、膝痛の不安がなくなるまで続けていこうと思ってます。


posted by がのお at 01:04 | 千葉 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CIMG1005.jpg

椎間板ヘルニアの術後一ヶ月が経過しました。
もの凄い勢いで回復してるとは言えませんが、日々のリハビリを欠かさず実行しているせいか、杖を使わず1km程の歩行が可能になりました。

小さな進歩です。

手術創はもうすっかりいい感じです。腫れも次第にひいてきています。
腰の痛みはありません。
足の痛みや痺れももうありません。

術後一ヶ月の時点で、こればっかりはまだ出来ない点をあげると、
1.何にもつかまらず階段の上り下り。
2.つま先立ちかかとあげ
3.小走り。当然走るのは到底無理。
4.歩行は1km以上で足に疲れが出てきてしまいます。少し休めばまた歩けます。
これぐらいでしょうか?
あとはほぼ普通に生活出来ていると思います。

ただ、やっぱり絶えず心にあるのは再発の恐怖。

なので重い物は持たないとか、姿勢を正すとか、無理をしないとか・・・
腰周辺に過剰なくらい気を使って動くようにしています。
この恐怖心もだんだんと薄らいでいくのでしょうかね?

そんな中、今日は自宅近くの河川沿い道をウォーキングしてきました。
自宅から周回距離2km程を1時間かけてゆっくりゆっくり。
日曜日の朝の太陽を身体一杯に浴びてゆっくりゆっくり。

自転車解禁のその日まで、休日の日課となりそうです。



posted by がのお at 19:19 | 千葉 ☀ | Comment(19) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

お風呂解禁!


CIMG1001.jpg

ようやく手術創が落ち着きました。\(^O^)/

毎日の消毒通院も今日で終了です。
まだ創は痛々しいですが、もううみも出し切ったようです。
「今日からお風呂入って大丈夫ですよ」のドクターの一言をどんなに待ちわびていたでしょう。
思えば2月9日に入院してからというもの、1ヶ月も湯船から遠ざかっていたのですから!

バスルームで湯船をチラ見しながらの下半身シャワーとタオル拭き上半身ではものたりなさすぎ。
やっぱり最後は湯船にドブ〜ンとつかって「あぁぁぁぁ」と叫ぶ事こそ、日本のお風呂なのです。(^^)

てなわけで、今日はドップリ湯船に浸かりました。
気持ちよすぎてついつい長風呂。

風呂から上がるとき思わずクラクラしてしまいました。
posted by がのお at 22:20 | 千葉 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

術後3週間


椎間板ヘルニアの手術後、3週間が経過しました。
下の写真が現在の手術跡の背中の傷の状態です。
「おい〜いきなりこんな写真見せんなよぉ〜」と言われそうですので、とりあえずモザイクかけときました。(^^)

CIMG0999.jpg

「モザイクなんていらんから、さっさと見してみぃ」という方はこちら→
あ、ただ人によってはグロく感じるので閲覧は自己責任でお願いします。(^^)

僕の場合ヘルニアは2カ所に発症していましたので、当然2カ所にメスを入れたことになります。
上の方(モザイクかけた方)は経過良好のようですが、若干まだ腫れています。
痛くはありません。ひたすら痒いだけです。
しかし、かくと傷口が開いちゃうような気がして未だ直にはかけません(^^;

そして、ガーゼが当たっている部分。
これが問題の炎症を起こしている下の方のヘルニア手術跡です。
毎日毎日消毒に通っているのですが、未だ上の傷のようにはなっていません。
現在の処置は炎症を起こしている皮膚を7mm程開いて、そこにガーゼを詰め込みうみを吸い取っているという状況です。

普通にしていれば全く痛くはありませんが、この処置をされている時だけはけっこうチクチク痛い感じがします。
そりゃそうですよね〜 綿みたいなものがついた綿棒の先で傷口を開いてぐりぐりされるんですもん!(><)

でも今日の診断ではほんとあともう少しだそうです。
来週辺りから傷口を塞いでいく処置に入れるとか言ってました。

さて、ヘルニアによって神経が圧迫され動かなかった脚ですが、こっちの方はだいぶ良くなってきました。
歩き方は変ですがもう杖を付かなくても歩けます。
ただやっぱり距離を歩くと脚が疲れて感覚がなくなってくるのは変わりありません。
リハビリをしっかりやれば、この辺もいずれはクリアになってくると思います。

日常のほんの些細なこと。
たとえば、トイレに行くとか、水を飲みに行くとか。
手術前は何かにつかまらないと動けなかった事が、いまはスッと立ち上がって歩いてその用を足すことが出来るようになりました。
靴下もズボンも自分ではけるようになりました。
洗面もなんとか立って出来るようになりました。

こんな些細な事ですが、日に日に復活していく身体に一喜一憂している今日この頃であります。

posted by がのお at 22:46 | 千葉 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

社会復帰


椎間板ヘルニアで入院・手術の為、3週間社会から遠ざかっていましたが、本日やっと社会復帰することができました。
会社のみんなは実に暖かく向かえてくれましたが、きっと腹の底では「おっさん、いい加減にせーよ」と思ってるのかも知れないな(^^;
でも正直、席があって良かったっす(^^)

そして久しぶりのデスクワーク。
1時間おきに立ち上がり社内を軽く運動する。
姿勢を正して座っているつもりが、仕事に集中するとついつい腰が曲がってる。
何度いけないいけないと思ったことか。
思ったより時間は早く過ぎていったが、精神的にかなり疲れてしまった。
ま、新人じゃあるまいし、すぐ慣れるでしょう。

それにしてもメスを入れた傷跡の炎症がまだ治まらない。
主治医は「結構いい感じになってきた」と言っているが、消毒して処置したあとがなんだかヒリヒリ痛い感じがする。
傷口を一度少し切って、中からうみを出し切ればとかなんとか言っていたが、自分の背中の傷がどんな風になっているのか想像したくないなぁ。
しかし傷口ひとつにこれだけ時間がかかると、いい加減何なんだろうと思ってしまう。

今日からリハビリも再開した。
なんせ身体が固い。
筋を伸ばすにしても身体がメリメリ言ってる。苦痛に歪む僕の顔。

そんな僕を見てリハビリ担当のI氏曰く
「リハビリの前にリハビリをしましょう」
なんのこっちゃ?(^^)

posted by がのお at 22:58 | 千葉 | Comment(8) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

快気祝い


CIMG0995.jpg

明日からの社会復帰を祝して家族が近所のレストランで快気祝いをしてくれた。
ささやかな宴だったが、家族の暖かみを感じた夜だった。

土日は自転車ばっかりでほとんど家にいないお父ちゃんでも、こうして家族がお祝いしてくれるなんてほんとにありがたい。
つくづく自分だけの身体じゃないんだと深く感じる。

うれしくてうれしくて、つい大食いに走ってしまった。
軽く2人前はあるだろう「味噌煮込みうどん」と「ミニ天丼」(^^)
帰りはコルセットがきつくて気持ち悪くなってしまった。 あ〜あ(^^;

さぁ! 明日から会社だ!
3週間も休んでしまって、うまく軌道に乗れるかちと不安です。
おまけにまだ傷口は完治していないため、夜は定時に帰り病院通いの日々がしばらく続く。
職場のみんなには相当迷惑だろうが、完治するまでは仕方ないですね。

治ったらまたバリバリ働けばいいさ!

posted by がのお at 20:43 | 千葉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 椎間板ヘルニア体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。