今月2度目の峠遠征。
遠征場所はやはり筑波山。

先週、サイスタのお友達を苦しめたという風返し峠 八郷ルートにトライしてみました。

まずは、お約束の不動峠をせっせと登ります。

あれ? なんか楽じゃね?

そうなんです、今日はよっぽどコンディションが良かったのでしょうか、スイスイとまでは行きませんが、ほとんど苦しまずに頂上までノンストップ!(^^)v
降りてくるローディーさん達にもにこやかに挨拶することができました。
前回の不動峠へたれ登頂はなんだったのでしょう??

Da7f0081d7442c12af175403d00753

今回はタイムを計ってみたんです。
18分39秒。
どおりで(^^;;

さて、お次は本日のメイン、風返し峠を八郷側から登るという暴挙に出てみました。
何でも最大斜度が25%あるとかないとか・・・
ネットで調べてみると、「自転車で上がるのは無理」とか「やめたほうがいい」とか書かれてました。
でも、あの健脚なサイ友さんが苦しんだという坂は、いったいどんなレベルなんだろうという好奇心だけで登り初めてしまったのです。

果物の販売所や民家があるところから既に闘いは始まります。

Imgp0019

Imgp0021

はじまったばかりなのにスゴイ坂!
追い抜いていく軽貨物もこの登りにフルアクセルといった感じです。

民家がなくなり次第に山の中へ。

Imgp0027

う、苦しい・・・
勾配は更にその斜度を増したかのようです。
カーブを曲がる度にきつくなっていく感じです。
残りギアなし、下ハンダンシングでもう一杯一杯・・・
「このまま上がっていったら絶対転ぶな」
「やっぱ無謀すぎたよ・・・」
気持ちはどんどんネガティブゾーンに。

そ、そんなところに都合良く湧き水が!!(^^)

Imgp0032

「自転車降りて飲みてぇ〜〜っ」
そう思った瞬間に気持ちが萎え、ハイ撃沈。
ま、こんなもんです。
興味本位で登るような坂ではないです(^^;

湧き水パワーを得た僕は、再び愛車ガリレオにまたがり動き始めます。
しかし50mも進まないうちにパワーレベル0に(^^:

Imgp0034

うぎゃーーーーっ
っと心の中で叫びながら頑張ります。
幅員が狭くなるという案内板とともに、道路がコンクリート舗装に変わりました。
目の前を見上げると、今まで以上の激坂!!!

Imgp0039

なんなんですか? ココ。

Imgp0044

Imgp0047

もうダンシングでも無理です、ここ。
前輪浮いちゃってます。
蛇行運転しても側溝に落ちそうになります。
完全にギブです。(^^)

ここから風返し峠頂上まで1キロぐらいでしょうか、押したり乗ったりで
ボロボロになって登頂。

Imgp0050

頂上の五叉路でしばし呆然・・・
今回は悔しいという気持ちが湧いてきません。
思ったことといえば・・・

「お家に帰りたい」(爆)
でした。

その後、カラダが冷えないうちに下山。
最高の景色と圧巻のダウンヒル。
登らなければ絶対に味わうことの出来ない爽快さです。

ただ、この時期すでに下りは寒いです。
平坦路に着く頃にはカラダも冷え冷え。
ウォーマーの必要性を感じました。

はぁ〜 また来るのかなココ。

posted by がのお at 22:23 | 千葉 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

花見川CR対岸ロード


台風一過の今日。
予定されていた「ヤビツ遠征隊」が中止になってしまったため、仕方なく近辺をプラプラポタ。
前から気になっていた花見川CRの対岸を走ってみた。

Imgp0033

八千代道の駅から海に向かって最初の橋を渡り対岸へ。
こちらはサイクリングロードではないのだろうが、CRと同じように舗装整備されている。

CRでは見ることの出来ない、なかなかの景色もあった。

Imgp0032

CR側は大和田の排水機場手前からかなり荒れているが、こちらは結構キレイ。
プチサイクリングだったが、なかなかいい発見ができた。

posted by がのお at 23:18 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒川サイクリングロード上流ツアーで行った榎本牧場のジェラート。
荒川CR上からちょい離れた所にあり、この日も迷い迷いに辿り着いた。
なんだか結構田んぼの中や山の中を走った気がする。

IMGP0324.jpg

夏の暑い日のサイクリングにはもってこいのおやつ。
冷た〜いジェラート。
僕はバニラと黒ゴマのミックスを注文。

IMGP0327.jpg

濃厚バニラとコクの深い味わいの黒ごまが絶妙のバランス。
やべぇ、コレまじ旨す。
タグ:榎本牧場
posted by がのお at 22:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車で行った美味い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひっさびさの荒川CR。
榎本牧場のジェラートを食べるために集結した6人。
けんけんさん、mirageさん、つぶパパさん、ひろぶぅさん、パナアンカーさん、がのお。

荒川サイクリングロードは自転車乗りでいっぱいでした。
みんなそれぞれの休日を楽しんでて、こっちもなんだか元気になります。

ただっぴろいCRを快適に走行し、目的地「榎本牧場」を目指します。
途中「レストランさくら」を探すも、やっぱり見つからずファミレスに(TT)。

その後、ここはどこ?というような田舎道?を走ります。

Imgp0314

みんな楽しそうです。

Imgp0317

もうどこを走ってるのか訳がわかりません。
一人では絶対にこれないでしょうねぇ〜(^^;

Imgp0323

そして少し迷いながらも、ついに榎本牧場に到着!

Imgp0324

早速お目当てのジェラートをいただく。
僕はミルクと黒ゴマのダブル。
これがめちゃ旨!!

Imgp0327

牧場の空気が醸し出す濃厚ミルク。
「ミルクとミルクのダブルでも良かったなぁ」と
誰かが言ってた(^^)

しかし、失敗したのは最後に残ったカップ。
なんともカサカサで・・・
ちょっとアイスを残しておけば良かったなぁ・・・(^^)

帰りは国道16号〜外環の下を走る298号、そして464号をひた走り、
19:30頃帰宅。
170kmオーバーの楽しいツアーでした。

タグ:榎本牧場
posted by がのお at 11:20 | 千葉 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

ジャポネ (有楽町)


サイスタのお友達から教えて貰ったスパゲッティー屋さん、有楽町の「ジャポネ

カウンター席しかない小さな店だが、量はジャンボ!
今回注文したのは「ジャリコ」という醤油味のスパゲッティー。それのジャンボ。

japo.jpg

スパゲッティーは好物なので、これぐらいの量はペロリ。
味はなかなか。
こんな店が会社の近くにあったら、毎昼休みごとに行くな、きっと。
タグ:ジャポネ
posted by がのお at 22:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車で行った美味い店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月10日は大好きな小田さんの武道館公演初日。
天気ももの凄く良かったので、自転車で武道館まで行ってみようと決心。
千葉から約35km位ですから、サイクリング気分でGOしました。

ちょっと前だったら、一般道は怖くて走れなかったのですが、最近はサイスタのお友達といくツアーはほとんど一般道を使うので、慣れっこになっちゃいましたね〜。
怖さもほとんど感じなくなってます。

今日の予定は、自宅から国道14号線を使い日本橋まで。後は適当に都内の道をテコテコ走り有楽町の「ジャポネ」でパスタを食べる。その後皇居を周回し、九段下の「ランナーズステーション」でシャワーを浴びてから日本武道館へという計画でした。

有楽町の「ジャポネ」はサイスタのお友達から教えて貰ったスパゲッティー屋さん。
なんでもレギュラー・ジャンボ・横綱という盛りバリエーションがあり、実は横綱の上にも理事長なんていうスーパー大盛りパスタがあるという、ツウの間では有名なお店だそうな。一度行ってみたかったのです。

ジャポネに着いたのは4:00前。
昼と夜の間ということもあり、待たずにカウンターに座れました。
注文したのは、コレ↓
Japo_4

ジャリコという醤油味のスパゲッティー。横綱はちょっと自信がなかったので、ジャンボにしましたが、あっさりたいらげちゃって、横綱行っちゃえばよかったかなと後悔。
味も結構いけてる! 毎日通っても飽きない味ですね。
もっと近くにあればなぁ〜。

ジャポネを出た後は、カロリー消費の為、皇居を周回することに。

Imgp0307

東京の空ってこんなに青いんだって思いながら走ってたら、あっという間に時間が過ぎて行って、あわてて「ランナーズステーション」に向かいます。

このランステ、皇居の周りを走っているランナーさんのためにオープンされたそうで、会員制のロッカーまで常設してあるんです。
会社帰りにここに寄って着替え、皇居の周りを走りに行って、戻ってきてシャワーを浴びて帰るという、なんとも豊かな日本文化が生み出したアイデア店で、かなりウケがいいそうです。

受付でビジター料金700円を払って、早速快適シャワー!
運動した後のシャワーは気持ちがいい。

そしてそして、いよいよコンサート会場の日本武道館へ。

Imgp0311

いやー、もの凄い人です。老若男女入り乱れてます。(^^)
友人達との待ち合わせの時間まで少し余裕があったので、トランスポーターをパチリ。

Imgp0309

コンサートは大盛況。
今日のコンサートの中で、お客さんの歌声を収録する場面があり、なんと僕らの歌声が新曲のカップリングとなって発売されるとの事。
そんなこと言われちゃったもんだから、もう大声でうたっちまいました。

ものすごく盛り上がり楽しかったコンサートの余韻を楽しみながら、
僕は再び自転車にまたがり、家路につくのでした。

タグ:小田和正
posted by がのお at 11:01 | 千葉 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

不動峠へ


9月最初のガリレオライドは、筑波の不動峠にチャレンジ。
土浦市街地に車をデポし、なつかしいりんりんロードを経由して不動峠に入る計画。

9ヶ月ぶりのりんりんロード。今回は全く迷わずコースに入ることが出来た。

Imgp0266

りんりんロードから見る景観は相変わらずのどかで美しく、思わず歌でも歌いたくなってくる。
天気はまあまあだったが、筑波山はなぜかガスっていてよく見えなかったのが残念。

Imgp0267

りんりんロードに入り虫掛、藤沢、小田城跡と順調に進んでゆく。
何人かのローディーさんとすれ違いざまのあいさつも気持ちがいい。

そんな気持ちの良いサイクリングロードの右手に、次第に広がっていく筑波連峰の山々。これから僕はあの山で苦しい思いをすることになるのだ。
なぜ、苦しい思いをしてまで登るのだろう。

思えば何度か行った房総内陸部の山。
鹿野山や大福山、養老渓谷に広がる山々を登るのぼる度に、ぐぅの音も出ないほど打ちのめされてきました。
息切れ、めまい、足腰の激しい疲労・・・ そして仲間に置いて行かれる苦痛。
せめて「ヒーヒー」言いながら「辛いっすね〜」とか言いながらクリアしたいのです。
けど、とてもそんな余裕なんてありゃしない。苦しくて苦しくて・・・。

「おやじなんだから仕方ない」と思えない自分。
なんとか克服したい。これをトラウマにしたくない。
「今日は峠を登るよ」と言われて「不参加です」と言いたくないのです。

ならば登りの練習をしなければ
これが苦しい思いをして登る理由なんです。

さて、いらん解説をしてきましたが、いよいよ不動峠のスタート地点に到着しました。

Imgp0274

峠道は車がやっとすれ違えるぐらいの細道。
時折するどく突き刺す日差しを道路脇の木々が遮ってくれます。

Imgp0277

登り初めは気負っていたせいか、わりと順調に登れていました。
ちょっと苦しくてもこぎ続ければ楽勝でクリアできる!
しかしそんな思いもつかの間、ハイペースで登ったせいで心拍数が急激に上がりはじめ、最大心拍数の98%に。
もうとても恥ずかしくなるぐらいの息づかい。
「ハァーハァー」がこだまとして帰ってくるような(笑)
勾配自体は7〜8%位ですから、そんなにキツイわけではないのですが、
もう自分としては一杯一杯・・・ 時速もみるみる6km/h位に下がっていきます。
ちょっとだけ練習してみた、あのパンターニ走法も疲労で全く役に立ちません。

登り初めて4km位のところでしょうか、ついにダウン・・・(><)
自転車を降りてしまいました。
その場に座り込みぐったりしていると、一人のローディーさんが登ってきます。

「ダイジョウブですかー」
「すいません、ちょっとしんどくて・・・」
「あとほんと少しですよー! 頑張って下さい!」
「ふぁい、ありがとうございま〜す」

いつまでぐったりしてても、中々心拍数は最大の80%から下がってくれません。
意を決して再び登り始めます。
すると今までにないような負荷が脚に襲ってきました。
黄色い看板を見ると10%勾配の案内。
と言うことは、あと100m位で頂上。最後の力を振り絞りようやく登頂。

Imgp0280

あまりにも情けない道中・・・
やっぱり練習しても駄目なモンは駄目なんだとガッカリです。
「なんのためにここまで来たんだろう・・・」かなり凹みました。
そしてその凹みが底をついた時、僕は決心しました。

「もっかい登ろう」(笑)

今登ってきた道を降りて再チャレンジです。
今度は心拍数を85%にキープするため、時速10キロを保って登っていきます。
勾配からして相当トロトロですが、苦しさは前回に比べ半減しました。
目の前の登りを意識せず、ひとこぎひとこぎに集中しました。
そして前回脚を付いてしまった所も通過。最後の10%もパンターニ走法でクリア。
今度こそ完登したのです! ←パチパチパチ

振り返ってみて今回学んだ事を忘れないように書き留めておきます。

教訓
1. 気負わない(^^;
2. 目の前の坂を意識せず、ペダリングに集中する。
3. 最大心拍数の85%を保つ
4. あとどれくらいと思わない。
5. 息づかいを恥ずかしがらない。抑えようとすると苦しくなる。

今回ちょっとだけ自分のペースってものが解ったような気がします。
若い人のようにサクサクは行きません。
しかし、登れてナンボの峠ライド。
いいんです自分のペースで登れれば!
もうかなりのおじさんなんですから! (笑)

Imgp0293

登った後は下りのご褒美。
今回は風振峠に抜けてダウンヒルを楽しもうと思っていましたが、なんと道を間違えたようで、朝日峠側を下ってしまいました。

Imgp0299
不動峠の頂上でローディーさんたちに道を教えてもらったのに、右折と左折を間違えてしまったようです。
しかし幸い、りんりんロードの虫掛あたりに接続。
無事デポ地に到着しました。

「はぁ〜 つかれたぁ」

posted by がのお at 22:17 | 千葉 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。