今日は好きで好きでたまらないアーティスト、小田さんの還暦の誕生日。
こうしてブログの中で、好きだと言うのもおこがましいくらい尊んでいるのです。
同じ時代に生きてこられてよかった。ほんとそう思うのです。

会社帰りに遠回りして今の自分なりに誕生日のお祝いをしました。
検見川浜の夕日に向かって合掌・・・ おいおい(^^;
D1000229

60歳、おめでとうございます。


タグ:小田和正
posted by がのお at 22:54 | 千葉 ☀ | Comment(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MARIN Fairfaxを購入して早3ヶ月半。
今日は買ってから初めてのメンテをしました。
洗車、注油、調整と時間をかけてゆっくりと。

自分の愛車をじっくり眺める機会って、よっぽどメンテ好きの方ならともかく、メンテよりライドに時間をとってしまう俺にとってはそうそうないのです。
んな訳で、今日はMARIN Fairfaxのフレームにペタペタ貼り付けてあるステッカーといいますか、シールをじっくり観察してみました。

まずはヘッド部のエンブレム。
Imgp0229
熊と川(?)をモチーフにしたシンプルなデザインです。カルフォルニア州MARIN COUNTRYというところに本社があるのでしょうか? 太平洋とサンフランシスコ湾の間に位置しているそうです。
地味なわりには愛嬌あるエンブレですね。保護シールはまだハズしてません。

お次はカーボンフォークに張ってある「CXR CARBON」のシールです。
CRXとかロゴマークとかはなんだか意味不明です。
でも単純に黒ベースに赤・白の配色は大好きです。
Imgp0220

トップチューブ部のシール2点
Imgp0222 Imgp0225
あちゃ〜 なんかボケボケですね。
「EDGE TUBING 3X」の下の英文を直訳すると「三重の接合されたアルミニウム管材料」と記載されているようですね。ネットで色々調べながら書いてるんですが、なかなかこれがどうなのよと言うことは載ってませんね〜。

ダウンチューブの「MARIN」の横のシール
Imgp0223
MARINのホームページに行くと、FAIRFAXはALPというカテゴリーになってます。
このALPってなんぞやとずっと思ってましたが、「AERO-DYNAMIC LIGHTWEIGHT PARFORMANCE」の略だったんですね。

シートチューブの正面
Imgp0226
ここにも熊さん。
「E2」ってなんでしょう? トップチューブの3Xは三重接合ということだから、ここは二重接合と言うことか??

シートチューブの側面 「7005 ALUMINUM」のサイン。
Imgp0224
DAHON」のサイトに7005ALUMINUMについての能書きが載ってまして、要約すると「高圧力で接合された宇宙航空等級アルミニウムで、6061アルミニウムより堅くて頑丈、それでいて重量が軽い」ということだ。

シートステー部のシール
Imgp0227
またまた解らぬ「FOUR SIDE」の意味。よく見ると赤字で「ANTI-FLEX BEATSTAYS」とかかれている。直訳すると「反屈曲BEATSTAY」ということだが・・・

最後にチェーンステイのシール。
Imgp0228 
カルフォルニアのAutodesk社との協同デザイン? Autodesk社のソフトウェアを使ってデザインされたということだろうか・・・
まあ、なんとなく理解はできますが。

おっと、もう一枚忘れてました。
Imgp0221
チェーンテイの裏っかわに注意書きのシールが貼ってありました。
「ホイールの取り外し、取り付けに関してはオーナーズマニュアルのクイックリリースの所ををよく読んでちょ」という意味ですな。

さてさて、シールの意味も何となく解ったし、愛車もピカピカになってよかったよかった。

posted by がのお at 23:20 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | MARIN FAIRFAX '07 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

もうひとつの手賀沼


暑い夏が復活したかのような午後です。
タイヤの空気をいれるだけで汗がポタポタ・・・。
けれど時折つよく吹く風には、どことなく秋の気配がただよっているような、いないような・・・。

今日は手賀沼にハマってから、一度は訪れてみたいと思っていたもう一つの手賀沼へ。
浅間橋から南下する車道は道幅も狭く、とても危険な匂いがします。
特に282号線はヤバイです。側道からのびる草と車に挟まれながら走行しなければなりません。
もっと快適に走れる道はないのかな・・・。

そんなこんなでたどり着いた手賀曙橋。
ここからもう一つの手賀沼沿いのCRへ・・・。
しかし甘かったです。そんなもんはあるはずもなく、ご覧のような超ダート。
それでも強行突破していくと、いきなり行き止まり・・・。
D1000216 D1000217

しかたなく沼にそった車道を走ることになりました。
時々農道を通ってもうひとつの手賀沼にアクセスできるのですが、田んぼで働く人たちに悪い気がして断念。
それでもなんとかもうひとつの手賀沼を見たいと思い、田んぼ仕事をされていない農道からアクセスしてみました。
D1000218 D1000219

しかしそこはもう沼の端っこという感じ。なんだかなぁ・・・。

もうひとつの手賀沼の最西端に「今井三号端」という古っぽい橋がありました。
田舎の橋の風情があり、思わずパシャリ。
D1000220 D1000221

今井三号橋からもう一つの手賀沼をみた絵と、橋全体の絵です。
D1000222 D1000223

もうひとつの手賀沼北岸。サイクリングロードの「さ」の字もなく、沼沿いのダートはこのようにとぎれとぎれになってます。
D1000224 D1000227

wikiによると「手賀沼は、もともと「つ」の形をした大きな沼であったが、現在では干拓事業によって約8割の水域が消滅し、北と南に分離された形になっている。この二つの水域は手賀川を介してつながっている。」となっています。
北の手賀沼と南の手賀沼を周回できるサイクリングロードができたら素敵だろうな。

posted by がのお at 20:30 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

ルイガノTR-1出動


すっかり通勤自転車になってしまったTR-1。
たまにはいっしょにのんびりサイクリングしたかったのです。
なんせコイツは、はきなれたスニーカーのような乗り心地なのです。

ということで、今日は台風一過の花見川CRへ出動。
水位はかなり上昇していましたが、CR封鎖とまではいかなかったようです。
ダート区間もぬかるんでいるような所はほとんどありませんでした。

相変わらず秘境のような佇まい。ここにはいったいどんな巨大生物が生息しているんだろう・・・などと考えながらののんびりポタでした。
D1000205 D1000204

船橋港で久々にTR-1の写真を撮ってあげました。
D1000206 D1000208

posted by がのお at 22:45 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は曇り空。
気温もぐっと低く感じる夏の終わりの日曜日。
いつものように出発点は手賀沼。
最近のポタリングスタイルは車にMarin FAIRFAX君を積んで、手賀沼を拠点にサイクリングをしてくるというパターンが多くなってます。

今日のコースは、これまた手賀沼CR〜大堀川遊歩道〜利根運河〜江戸川CR。
江戸川CRは初の下流へ向かって走るコースにエントリーしました。
と言っても、流山橋が折り返し地点。そこからまた玉葉橋経由で利根運河に戻るという、文字通り江戸サイちょいのりコースです。

まずは利根運河のCR。
今日は無事下のコース走れました。
Imgp0208 Imgp0214

しかしこの利根運河のCRの景観は最高ですなぁ〜
Imgp0216 Imgp0220

今日は曇り空だっていうのに、ロードやらMTBやらのライダーさん達が結構沢山いましたよ。
涼しい一日だったので走りやすかったのでしょうか?

そして、いよいよ江戸川CR下流コースへ。
おお、いいですねぇー。ここの景観も!
川を見ながら走るってやっぱり気持ちいい!
それにしてもひどい曇り空です。晴れてたらもっと良かったのに。
Imgp0220_3 Imgp0224

そんなこんなで、あっというまに折り返しの流山橋に。
帰りは左岸のCRを通ってみました。
Imgp0231 Imgp0233
左岸コースは玉葉橋まではずっとこんな感じで、川が見えません。
ひたすらゴルフ場を見ながら走ります。
景観的には面白みはないものの、走りに集中するにはいいかもしれません。

ということで、これまたあっという間に江戸川合流地点に到着。
ほんとにちよっとの江戸川CRポタでした。
そうそう、運河にいたあの白い鳥。なんていう鳥なんでしょう?
夕方こんなに集まってくるということは、ここが寝床?
Imgp0236 Imgp0238

今日は走行距離70kmのポタリング。
気温が低くなると、ちょっと休憩するとカラダが冷えて寒いくらい。
そろそろウインドブレーカー常備かな?

posted by がのお at 01:28 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライド日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。