2007年01月27日

選択


それからというもの私は貪るようにネットを閲覧しました。
「ハリヤ」という1機種の呪縛から解き放たれた私は、膨大な数のクロスバイクの中から1台を見つける楽しさに酔ってしまったのです。
欲しいモノは買うまでが楽しいとはよく言ったものです。

最初に目に止まったのが、GIANTのCROSS300というバイク。
Img09595548
なんだかゴツそうで私の体型でも乗ってておかしくないかなと感じました。ただ、素人目で見てハンドルの根元(ステムの部分)が固定されており、角度が変えられそうにないと言うことと、フロントサスペンションがないということで一応保留。前傾姿勢は疲れるし、サスの力をかりて衝撃を避けなるべくゆったり走った方がいいかな、などと思ったからです。

結構な時間ネットのカタログとにらめっこしていると、どれもが同じ自転車に見えてきます。
そんな私の強い味方になってくれたのが、商品のキャッチコピーでした。はっきり言って100%鵜呑みにしてしまいます。
CROSS3000のキャッチは「市街地ではMTBより速く、ロードバイクより快適なクロスバイクのベーシックモデル」 う〜んなるほどです。

ふと目に止まるキャッチがありました。
「入手困難! ルイガノ1番人気クロスバイク ルイガノ TR1」「手に入れたくても手に入れることが出来ないほどの人気を持ち続けているルイガノの1番人気クロスバイク”TR1」「初めて自転車を乗られる方でも簡単にスポーティな走りを体験できる」

をををを!!!

ルイガノ TR1か・・・

「これにしよ」

あっさり決めてしまう私なのでした。
posted by がのお at 22:41 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車購入編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

出会い


衝撃的と書きましたが、実はあまりにも無知過ぎたが故の事であり、
自転車を知る方に間違いなく小馬鹿にされることでしょう。

それは、或自転車屋さんで「ハリヤ」にそっくりな自転車をみつけたのです。
といってもカタログの見た目だけで判断しているのですが。

4cb43cd0
「おっ、あるじゃん」とニタニタしながら近寄ってみると、バッテリーがないではないですか!
よく見るとフレームの所に「LOUIS なんちゃら」と書いてありました。
「なぁ〜んだ」と思いその場を立ち去ってしまったのです。
しかし、今思えば頭の中はまったくもって「ハリヤ」オンリーだったのですねぇ〜

家に帰り一応その「LOUIS なんちゃら」を検索してみると、あるわあるわ総称クロスバイクと呼ばれる「ハリヤ」に似ている自転車が!!! ^^;
いままで意識もしていなかった私はその種類の多さに圧倒されっぱなし。
中でもやっぱり実機を見た「LOUIS GARNEAU」のクロスバイクは、とびっきり格好良く見えたのです。
「でもなぁ〜 ハリヤだったら坂道とかめちゃめちゃ楽なんだろうなぁ・・・」

それからしばらくして職場で自転車の話題になり、自分も電動アシスト自転車を買おうと思っている旨を話すと、「メタボ撃退すんのに、電チャリ必要?」と罵倒され、「そんな弱気な考えじゃ、いつまでたってもメタボが居座るぞ」と一蹴されたのです。
いかにも的を得ている発言に私はしばしトホホ状態・・・

そう、そいつの意見が超決定打でした。

それをカミさんに話すと、「そうそう、それに価格もハリヤの半分くらいってとこが魅力よね」と、
ホットしている雰囲気を私に悟られないように、なにげなく。

かくして私の頭の中から次第に「電動アシスト自転車 ハリヤ購入」という路線は消えていったのであります。
posted by がのお at 21:28 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車購入編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

検討


それからというもの、そりゃもう「ハリヤ」のことで頭がいっぱいですわ。
国産の電動アシスト付自転車で、こんな格好いいモデルがあったなんて思っても見なかったし、
ましてや電チャリなんてセレブのママさんたちが乗るもんだとばっかり思ってましたし。

99432db7
近くのホームセンターでママちゃりタイプの電チャリの試乗車に乗せてもらって、「うぉー快適快適〜」とえらく喜んでおりました。
しかし、実物にはお目にかかることは出来ませんでした。
どこの自転車屋さんでも「あれは人気があってね〜 右から左なんですわ」と。
「おーそうだろう、そうだろう。やっぱり俺の選んだモノに間違いはなかったわい」とますますご満悦気味な私。が、しかしやっぱりどうしても実機が見てみたかったのです。
果たして自分の体格に合うのだろうか? 身長180cm超、体重90kg超のこの私の体格に・・・(汗)

ハリヤは26インチのみの設定だったので、そこら辺がいやに気になっていました。
26インチ言うたら、自分の娘が乗っている通学用のチャリと同じやんけ・・・ こんな小さいんか・・・
職場の人間に笑われるだろうな・・・ 「像の三輪車かっ」て・・・ うむ〜
などなどネガティブな思いが段々と湧いてくるのです。

「ま、でもしょうがいないよ。MTBの主流は26インチだって言うし、なんせこの設定しかないんだから!」という、なんとかネガティブな想いを打ち砕かんとする、強引な私の中のポジティヴシンキング。
しばらくこの心の葛藤は続くのであります。
そして、いつも答えは「とにかく実機を見て判断しよう」という所に落ち着くのでした。

そんな中、ネットのとあるページ(どこだったか忘れましたが)に、衝撃的なコメントが掲載されていたのです。
posted by がのお at 00:26 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車購入編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

決心


週1回のジム通いだけじゃ一向に改善しないメタボ。
「あーあ、なんかやばいよなぁ〜」と思っていた時目に止まったのが、パナソニックの「ハリヤ」と言う電動アシスト付き自転車。
「これだ! これで自転車通勤しよっ」って思ったのが、自転車購入のきっかけでした。
なんせ惹かれたのが「片道10Kmを楽しむ大人の電動自転車」っていうキャッチ。
「大人の〜」とかつくと妙にぞくぞくするのです w

やたら交通量の多い公道と田んぼ道半分の片道8.5kmほどの通勤道程なのに、都会のビルの合間をさっそうと走る自分のかっちょいい姿ばかりを想像していました。
もうこうなると欲しくて欲しくてたまらなくなり、すぐ買っちゃうのが私の悪い癖・・・
でも今回はさすがに躊躇しましたね。なんせ10万もする高額品ですからね。
"健康のため"というのは表向きの口実だろうというのは、私の性格をよく把握しているカミさんにはバレバレだし ^^;
それにまだ寒いし、毎日車通勤の自分がほんとにチャリ通なんてできんのか? という不安も、即買い路線の自分を躊躇させた大きな要因でありました。

こうして約1ヶ月間、購入に向けて情報収集は始まったのです。Beeph67b
posted by がのお at 23:08 | 千葉 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車購入編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。